HOME » はじめての方へ » 予防歯科で大切な歯を残す » 40代

歯が折れたり、ぐらつくことが多くなる時期です

加齢による歯のトラブルが増えてきます。気を緩めず、お口の中の健康増進につとめましょう。

【よくある症例】噛み合わせのバランスの崩れが始まります
40代になると歯ぎしりや食いしばりが原因で、噛み合わせのバランスが崩れてしまうことがあります。たとえば、食いしばりによって奥歯の1本にだけ無理な力がかかっていると、時間の経過とともにぐらつくようになり、骨が溶け、最終的には抜けてしまうこともあります。

<ワンポイントアドバイス> 定期検診でチェックしましょう

噛み合わせのバランスの崩れは自覚症状がありません。そのため、ご自宅でのケアは難しく、症状が進行してしまってから治療を始めるケースがほとんどです。いくつになっても健康な歯で生活できるように、定期検診で噛み合わせのバランスもチェックしましょう。

【よくある症例】以前治療した歯が折れることがありますよくある症例
若い頃に歯みがきが足りなくて差し歯にした歯が、この年代になると折れてしまうことがあります。

神経を抜いた歯はもろくなっています。もろくなって折れてしまうと抜歯となりますが、あごの力はそう簡単には衰えません。そのため、それまで抜けた歯にかかっていた力がほかの歯に分散され、健康な歯に大きな負担を強いることになります。そのため、一度折れてしまうと1本だけでなく、2本、3本と続けて抜歯する可能性も出てくるのです。

<ワンポイントアドバイス> 対応策としてインプラントや自家歯牙移植を検討ください

多くの場合はブリッジで対応しますが、ブリッジでは支えとなる歯の数が増えません。そのため、最近はインプラントや親知らずの自家歯牙移植で抜けた歯の代用をします。そうすることで、噛めるようになるばかりでなく、ほかの歯への負担を軽減することにもなります。


HOME » はじめての方へ » 予防歯科で大切な歯を残す » 40代


PAGE TOP