HOME » 症例集 » コーヌスデンチャー(コーヌス入れ歯)で噛めるようになった患者さんの症例

コーヌスデンチャー(コーヌス入れ歯)で噛めるようになった患者さんの症例

●コーヌスデンチャー
コーヌスデンチャーは、金具で支える通常の入れ歯と違い、残っている歯に金属冠を被せてその上から入れ歯を装着する部分入れ歯です。摩擦力でお口の中に固定されるため、ものを噛む能力が高い入れ歯です。

治療前症例
歯が所どころなく、違和感の少ない噛み心地の治療を希望されました。
次へ
治療後症例
すべての歯に金属冠を被せ、コーヌスデンチャーを装着しました。

症例症例


HOME » 症例集 » コーヌスデンチャー(コーヌス入れ歯)で噛めるようになった患者さんの症例


PAGE TOP