HOME » 診療科目 » 予防歯科 » 歯科先進国では、予防治療が常識です

歯科先進国では、予防治療が常識です

予防歯科定期検診やクリーニングなどのケアを受ける習慣は、スウェーデンで90%、アメリカで80%に対して、日本は、わずか2%というデータがあります。

そして、予防が当然であるスウェーデンでは、80歳の方でも平均20本の歯を保ち、日本では平均して8本という事実があります。通常、永久歯は親知らずを除くと28本ですので、約4分の1しか残っていないのです。

80歳になっても自分の歯を残し、しっかり噛むためには、子どもの頃からの定期検診やクリーニングによるケアが重要であることがわかります。


HOME » 診療科目 » 予防歯科 » 歯科先進国では、予防治療が常識です


PAGE TOP