HOME » 診療科目 » 根管治療 » 歯を抜かずに残す「根管治療」

歯を抜かずに残す「根管治療」

根管治療とは、できるだけ歯を抜かずに、残すための治療のこと。当院では根管の形に合わせた最適な治療方法を選択し、必要であればレーザー治療も行います。

根管治療

根管治療とは、死んでしまった歯の神経を取り除いたあと、歯の根をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。神経まで及んでしまったむし歯を放置しておくと、最後には歯を抜くことになってしまいます。こうした状況を阻止し、ご自身の歯を残すことができるのが根管治療です。

当院では治療の精度を高めるために必要に応じてレーザーを使い、また、治療方法も根の形に応じて最適なものを選んで行っています。


HOME » 診療科目 » 根管治療 » 歯を抜かずに残す「根管治療」


PAGE TOP