HOME » 診療科目 » 矯正治療 » 【小児矯正】将来を考えた矯正治療をご提案します

【小児矯正】将来を考えた矯正治療をご提案します

小児矯正は、タイミングが大切です矯正歯科
子どもの成長や生え変わりを視野に入れ、矯正をするタイミングを逃しません。幼児期~12歳くらいの矯正のタイミングを逸すると、永久歯の歯並びが悪くなり成長してからの矯正治療が必要になるケースがよく見受けられます。

定期的に生えかわりをチェックすることにより、例えば上の前歯が下の歯の内側に入りそうだから、棒を30分くらい噛むなどの方法で、自分で歯並びを改善できる場合もあります。

定期検診で適切なタイミングの矯正をご提案します
定期的に通院していただくと、将来的なタイミングを計りながら、計画的に矯正治療を考えていくことができます。噛み合わせも少しずつ変わっていくので、微妙な調整を行い、バランスを取ることも大切です。

成長して矯正の時期が遅くなると、体への負担が大きくなるだけでなく、時間的にも経済的な負担が増します。早めに矯正することをおすすめします。

患者さんに喜ばれる矯正治療を目指しています
子どもの矯正は、なるべく成人矯正を行う必要のないように、子どものうちに始めたいと考えています。子どもの矯正は、歯が自然な本来ある位置に誘導していくことが目的ですので、小さい頃から定期検診を受け理想のタイミングで矯正していただきたいと願っています。

子どものうちの矯正の方が、体への負担も軽くすみ、経済的なメリットもあります。また、特に女の子のお子さんの場合は、思春期になる前に矯正しておいた方が、本人も喜ばれます。


HOME » 診療科目 » 矯正治療 » 【小児矯正】将来を考えた矯正治療をご提案します


PAGE TOP