HOME » 診療科目 » 義歯(入れ歯)

入れ歯でお困りではありませんか

「入れ歯があたって歯ぐきが痛い」「食べたり、話したりするときに入れ歯が外れる」
そんな不具合があるのに、我慢して入れ歯を使っている方が意外と多いようです。

入れ歯

当院の義歯治療は、噛む機能を重視しています
入れ歯は見た目だけをカバーするものではありません。噛む機能をきちんと回復できてこそ、入れ歯なのです。

入れ歯の噛み合わせが合っていないと「美味しく食べられない」「肩こりや頭痛などが起こる」「顎関節症や頸椎、胸椎、腰椎などの障害」など、さまざまな悪影響を及ぼします。入れ歯の不具合は我慢しないで、ぜひご相談ください。

しっかり噛むことは、認知症の予防にも?!

入れ歯治療お口の中で食べ物をよく噛み砕き、味わうこと(咀しゃく)は、脳への刺激となることから、認知症との関連性が注目されています。

自分の歯やお口に合った入れ歯でしっかり噛んで食事をする習慣のある人は、認知症になりにくいと言われています。認知症と診断された人でも、入れ歯の噛み合わせを調整し、きちんと噛んで食事をする習慣を取り戻し、認知症の症状が改善したという報告も少なくありません。

だからしっかり噛める入れ歯が重要です
しっかり噛むためには、自分の歯が残っていることが理想。それが叶わなかった場合、お口に適した入れ歯を作り、きめ細かく調整しながら、快適な生活を送ることが重要です。

当院の入れ歯治療の特徴1

入れ歯治療お口にぴったりフィットする、痛くない入れ歯作りに自信があります。

当院ではまず、患者さんのお話をよく聞き、お口の中の状態やご要望に合わせた入れ歯を製作します。「丈夫で長持ちする」「落ちない・浮かない・痛くない」「見た目が自然」「しっかり噛める」入れ歯をご提供しています。

当院の入れ歯治療の特徴2

入れ歯治療さまざまな種類の中から、最も適した入れ歯をご提案します。

入れ歯には、保険が適用できるプラスチック床のものから、フィット感に優れたソフトデンチャー、耐久性が高い金属床などさまざまな種類があります。使用する素材や構造などによってそれぞれにメリット、デメリットがあり、耐久性や費用も異なります。

当院では、患者さんのお口の中の状況やご要望、ご予算などをお伺いし、さまざまな入れ歯のメリット・デメリットをしっかりお話した上で、お選びいただいています。どんなささいなことでも、気軽にご相談ください。

当院のおすすめデンチャー

チタン床チタン床
宇宙開発事業などにも使われているチタンを使用した入れ歯です。チタンは、耐蝕性、耐変色性に優れ、弾性があり、適合精度が高く、また生体親和性が高い素材です。金属の味がしないので、インプラントや整形外科領域でも使われています。イオンが流出しにくいので、金属アレルギーも起こしにくいのが特徴です。

コバルトクロム合金に比べ2分の1、金合金に比べると4分の1と大変軽く、快適に使っていただけます。

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
なめらかな樹脂で歯肉の形状に調和させ、歯に接触する床部分を薄く作ることができるので柔軟性が高く、とてもフィット感の高い仕上がりになります。

留め具(クラスプ)を使用しないので、金属アレルギーをお持ちの方も安心して装着していただけます。汚れが付きにくいので衛生的で、不快な口臭の発生も抑えられるメリットもあります。

義歯(入れ歯)の症例をご紹介します

●コーヌスデンチャー(コーヌス入れ歯)で噛めるようになった患者さんの症例

治療前症例
歯が所どころなく、違和感の少ない噛み心地の治療を希望されました。
次へ
治療後症例
すべての歯に金属冠を被せ、コーヌスデンチャーを装着しました。

症例症例

複合的な治療にも対応しています

●コーヌスブリッジで噛めるようになった患者さんの症例
歯周病が進行し、歯がグラグラしていた患者さん。むし歯もあったので、はじめにむし歯と歯周病の治療を済ませ、お口の中の状態を整えました。その後、歯を削ってゴールドの芯を入れ、最終的にコーヌス義歯を入れました。

症例治療前
血が止まりにくい方で、インプラントが適用でない方。
むし歯、歯周病治療をしたあと、コーヌスにとりかかりました。
次へ
症例治療後
噛み心地もよく違和感もなく、非常に喜ばれています。

症例症例


HOME » 診療科目 » 義歯(入れ歯)


PAGE TOP