HOME » 診療科目 » 根管治療

歯を抜かずに残す「根管治療」

根管治療とは、できるだけ歯を抜かずに、残すための治療のこと。当院では根管の形に合わせた最適な治療方法を選択し、必要であればレーザー治療も行います。

根管治療

根管治療とは、死んでしまった歯の神経を取り除いたあと、歯の根をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。神経まで及んでしまったむし歯を放置しておくと、最後には歯を抜くことになってしまいます。こうした状況を阻止し、ご自身の歯を残すことができるのが根管治療です。

当院では治療の精度を高めるために必要に応じてレーザーを使い、また、治療方法も根の形に応じて最適なものを選んで行っています。

治療ではどんなことをするの?

根管治療むし歯の初期の状態では、歯を削って詰め物を入れれば、症状は改善されます。ところが、むし歯が神経にまで達し、炎症が起きてしまった場合、麻酔をして歯を大きく深く削り、根管治療を行う必要があります。

具体的な治療方法としては、歯の神経が入っていた部分(根管)を専用の器具を使い、きれいに洗浄。薬を詰めたあと、詰め物を入れます。この際、細菌を完全に取りきらないと再発してしまいます。そのため、根管治療には高度な歯科テクニックが求められるのです。

レーザーを使った根管治療

根管治療難治症例の場合は、レーザーを使った治療を行います。根管内にレーザーを照射することで、枝分かれした根管の先端内に残った菌を殺菌します。また、炎症の治癒を促進する効果もあり、再発も防ぎます。

根管治療の流れ

治療前にはしっかり麻酔を効かせたうえで処理を行います。そのため、痛みはほとんどありません。

【STEP1】むし歯になった部分を除去します

次へ

【STEP2】神経のスペースに治療しやすいよう穴をあけます

次へ

【STEP3】リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去します
      ※この際、必要があれば、抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をします

次へ

【STEP4】炎症が起こっている根管の先まで薬を詰めて、ばい菌が入ってこないように根管を封鎖します

次へ

【STEP5】根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取り付けます


HOME » 診療科目 » 根管治療


PAGE TOP