HOME » 診療科目 » 小児歯科

お子さんの将来を見据え、お口の中の対策に取り組みましょう

お子さんの歯のトラブルを解決します。むし歯だけでなく、歯並びもチェックし、将来を見据えた治療方法をご提案します。

小児歯科

大きなむし歯の場合、表面を削ってしばらく様子を見る歯科医院が多いと思われます。しかし、当院では基本的には再発をさせないために、痛みがでにくい様に麻酔をして、すべてのむし歯菌を取り除く治療をご提案しています。初期の段階で原因を取り除き、健やかな発育を促すことを第一に考えています。

もし、きちんと治さないままでいると歯が更に溶けてしまって狭くなり、永久歯の生えるスペースが足りなくなってしまいます。その結果、歯並びに影響を及ぼしてしまいます。

もちろん、保護者の方の同意がないままに大きく削ることはありません。最もお子さんのためになる治療方法を一緒に考えましょう。積極的な治療を望まれない方は、遠慮なさらずにお申し出ください。ほかの方法をご提案させていただきます。

子どもの歯科治療に不安をお持ちの方へ
当院は、子ども目線の歯科治療で、歯医者嫌いを作らないように努めます。

何よりも、お子さんとの信頼関係を大切にしています

小児歯科子どもは、大人より正直で感受性の強いもの。信頼できないと、治療どころか口を触らせてもくれません。

そこで、当院では、常にお子さんの目線に立ち「どうして治療するのか」「どうして歯みがきが必要なのか」をわかりやすい言葉で説明しています。お子さんが自分自身で理解し、納得し、前向きになれるように心がけています。

歯医者が嫌いにならないよう、お子さんの目線に立った歯科治療に取り組んでおります。

まず定期検診から始めましょう

小児歯科当院では、お子さんの歯を守るために、3〜6か月に一度の定期検診をおすすめしています。定期的に、歯の生え具合や噛み合わせを専門家の視点から観察します。また、日頃の歯みがきやケアをチェックし、すみずみまでクリーニングし、歯にフッ素を塗って歯質を強化します。

定期検診を受けていただけると、もしむし歯が見つかっても、軽いうちに治療できますし、お子さんが歯科医院に慣れることもできます。むし歯になってから歯科医院に来るのではなく、むし歯にならない口内環境や生活習慣を作るために、定期的に検診を受けていただきたいと考えています。

一番の治療は、予防です

小児歯科むし歯から歯を守るためには、毎日の歯みがきが一番大切です。でも、実は、大人でも毎日正しい歯みがきができている方は少なく、ましてお子さんにとってはとても難しい作業なのです。

当院では、お子さんが進んで楽しく歯みがきできるように、またお忙しいお母さんやお父さんが、手軽に仕上げ磨きができるように、歯ブラシの角度や、磨きにくい部分の磨き方なども考え、ブラッシング指導を行っています。

歯医者さんデビューは、乳歯が生えだしたら

小児歯科初めての乳歯が生え始めた時期。それは一生、健康な歯で過ごせるかどうかの大切な分かれ道でもあります。お子さんのお口の環境は、成長によって日に日に変わっています。

当院では、乳歯が生え始めたら半年に一度の定期検診をおすすめしています。定期的に診させていただくことで、むし歯や不正咬合などの早期発見もでき、速やかに治療することができます。ご一緒に、お子さんの大切な歯の健康を守りましょう。

具体的な治療内容をご紹介します

【ブラッシング指導】正しい歯みがき法を指導します小児歯科
正しい歯みがきの仕方を身に付けることは、一生役に立つ大切な習慣です。お子さんが一人で歯みがきができるようになったら、ぜひ、ブラッシング指導を受けてください。

当院では、歯科衛生士が、磨き残しのチェックをしながら、優しく楽しく、効果的な歯ブラシの動かし方をアドバイスします。保護者の方にお願いしたい仕上げ磨きもていねいにアドバイスしますので、ぜひ親子でご参加ください。

【フッ素塗布】歯を強くします
フッ素を歯の表面に塗布すると、歯の再石灰化を促すことによって歯を強化し、むし歯の進行を抑える効果があります。

3〜4か月ほどフッ素のむし歯予防効果は続きますので、3か月に一度のペースで定期的なフッ素塗布をおすすめします。フッ素入り歯みがき剤なども市販されていますが、もっとも高い効果があるのは歯科医院で行うフッ素塗布です。

【シーラント治療】むし歯になりやすい奥歯に小児歯科
生えたばかりの歯は柔らかく、また溝が深くて磨きにくいので、むし歯になるリスクが高いものです。

そこで大切な歯を守るために、奥歯の溝をシーラントと呼ばれる白い樹脂膜で保護する予防歯科治療を行っています。

小児歯科の症例をご紹介します

●虫歯治療C2の症例

治療前症例
検診で来院されました。
お母さんは、いつもちゃんと仕上げ磨きをしているそうです。
またまた歯と歯の間に虫歯が隠れています。
次へ
治療中症例
隠れている虫歯のところを削ってみました。
虫歯がでてきました。
次へ
治療後症例
白い詰め物(CR)で修復しました。

●歯並びがガタガタという悩みを持った患者さんの症例

症例治療前
歯並びが気になって、もし早くから何かやっておくことがあればしておきたい、とのことで来院されました。
次へ
症例治療後
クワドへリックスという針金の装置を裏側にはわせ、反対の噛み合わせになっている歯を後ろから押し、歯を並べるスペースを確保するために寝るときにはめる床装置をつけていただきました。

その他の症例はこちらをご覧ください


HOME » 診療科目 » 小児歯科


PAGE TOP