HOME » はじめての方へ » 予防歯科で大切な歯を残す » 50代以上 » 入れ歯の方はメンテナンスも忘れずに

入れ歯の方はメンテナンスも忘れずに

適切なケアと定期検診、そして早めの治療で、大切な歯と人生を守りましょう。

【よくある症例】歯が抜ける、歯が折れるなど、本格的なトラブルが増えてくる年代
歯周病の進行により、出血や痛みを感じます。もっと進行すると歯の土台となる骨(歯槽骨)が溶けて、歯がグラグラしてきたり、抜けたりするようになります。

むし歯の治療で神経を除去した歯が折れたり、割れたりすることもあります。また歯周病から糖尿病が悪化するなど全身へ悪影響が及ぶことがあります。

<ワンポイントアドバイス> 放置せず、早めに歯周病治療を受けましょう。

歯周病は重度になると歯が自然と抜けてしまいます。そうなる前に定期的に検診を受け、初期の段階から治療を受け、悪化させないようにしましょう。

よくある症例

【よくある症例】入れ歯が必要なこともあります
入れ歯入れ歯や抜けた歯をそのままにしていると、噛み合わせが崩れ、ほかの歯にも悪影響が及びます。残っている歯が自然に伸びてしまうこともあります。

<ワンポイントアドバイス> 入れ歯治療が必要となります。

【よくある症例】加齢を原因とした歯のトラブルが増えます
加齢を原因とした歯のトラブルが増えます加齢のため、歯ぐきや歯を支える組織が衰え、入れ歯やブリッジが合わなくなるなど、歯のトラブルが多くなります。

嚥下(えんげ)機能(※食べ物を口に含む行為から食べ物が胃に至るまでの過程)が衰えるので、誤嚥性肺炎などへの配慮も必要となってきます。


<ワンポイントアドバイス>

きめ細かな入れ歯の調整や口腔内の清潔を保つ、より細かなメンテナンスが必要となります。

【よくある症状】歯ぐきが痩せ、入れ歯が合わなくなります
加齢によって歯ぐきが痩せ、入れ歯が合わなくなることがあります。合わない入れ歯を使い続けると、粘膜に入れ歯があたってぐじゅぐじゅな状態になるフラビーガムの原因になります。フラビーガムになると痛みが取れにくくなり、骨の吸収が激しくなります。

<ワンポイントアドバイス> 入れ歯を見直しましょう

合わなくなった入れ歯は、裏打ちをする(リベース)、もしくは作り直す必要があります。または、より質の高い入れ歯を新しく製作するということをお考えになってもいいでしょう。当院では金具のないものや床の薄いものなど、さまざまな種類をご用意しています。ぜひ、ご相談ください。


HOME » はじめての方へ » 予防歯科で大切な歯を残す » 50代以上 » 入れ歯の方はメンテナンスも忘れずに


PAGE TOP