HOME » はじめての方へ » 予防歯科で大切な歯を残す

歯を残すために大切なことは、むし歯や歯周病の再発予防です

治療後、むし歯や歯周病が再発しなければ、ずっと自分の歯を使い続けることができます。当院では、むし歯や歯周病の再発を防ぐために、最大限の努力をしています。

むし歯の再発予防

詰め物や被せ物に隙間があると、そこからむし歯が再発するリスクが高まります。当院では、時間をかけ、きっちりとした隙間のない治療を心がけています。

子どもも大人も、むし歯は早期発見が重要です
定期検診を受けていると、むし歯も小さいうちに見つけることができます。小さいむし歯であれば治療も簡単にすみ、再発のリスクも低くなります。

早期発見で適切な治療を行い、きちんとケアをして、また定期検診を受けていただく。この循環が歯の健康を守ります。

むし歯も歯周病も、予防できる病気です

予防歯科"歯が痛くなってから行くところ"から"痛くならないように予防にいくところ"と歯科医院のイメージが変わってきました。健康な歯を保つには、治療よりもケアが大切だと考える意識の高い方が増えてきたのです。

当院の定期検診では、お口の中のトラブルの有無を診察し、クリーニングなどによって歯石や歯垢を除去します。こうした予防的なケアを定期的に受けていただくことで、むし歯や歯周病などのトラブルを防ぎ、健康な歯や歯ぐきを保つことができます。

~当院の治療を受けて完治した後、メンテナンスを受けられている患者さんの言葉~
「しっかりメンテナンスをして頂いているので、5年以上経過した今も再発せず安心している」と言っていただける患者さんもたくさんいらっしゃいます。

歯科先進国では、予防治療が常識です

予防歯科定期検診やクリーニングなどのケアを受ける習慣は、スウェーデンで90%、アメリカで80%に対して、日本は、わずか2%というデータがあります。

そして、予防が当然であるスウェーデンでは、80歳の方でも平均20本の歯を保ち、日本では平均して8本という事実があります。通常、永久歯は親知らずを除くと28本ですので、約4分の1しか残っていないのです。

80歳になっても自分の歯を残し、しっかり噛むためには、子どもの頃からの定期検診やクリーニングによるケアが重要であることがわかります。

80歳で20本の歯を残す【8020運動】をご存じですか

予防歯科永久歯は親知らずを除くと28本。そのうち20本が健在ならば、自分の歯でしっかり噛むことができます。そこで、平成元年に厚生省(現厚生労働省)と日本医師会が提唱したのが、80歳になっても、自分の歯を20本以上残そうという「8020運動」です。

また、自分の歯でしっかり噛むことは認知症などの予防になることもわかってきました。

健康で長生きするために、ぜひ定期的なメンテナンスを受け、80歳で20本以上の歯を残すことを目指しましょう。

できるだけ歯を削らない、抜かない方針です

できるだけ歯を削らない「歯を抜かれるのはイヤ」「できるだけ削りたくない」というのが、患者さんのお気持ちだと思います。当院は、歯を残したいというその思いを大切にしています。

たとえば、きちんと生えている"親知らず"は機能していますし、80歳まで歯を残すことを視野に入れると、むやみに親知らずを抜く必要はないと考えています。

患者さんの思いを大切に、できるだけ歯を削らない、抜かない治療を実践しています。


HOME » はじめての方へ » 予防歯科で大切な歯を残す


PAGE TOP